NHKロボコンのフィールド

2013, Nov 02

こんばんは。けとんです。

今回は NHK 大学ロボコン 2014 の練習用フィールドの「遊具」の画像をチラッと紹介いたします。

以前も紹介しましたが、来年度の NHK ロボコンのルールは「親子が公園で遊ぶ」という題材で、競技フィールド上には 4 つの遊具があります。

4 つの遊具とは「シーソー」「ブランコ」「ポールウォーク」「ジャングルジム」です。ポールウォークとは、少し間隔が開いた状態で立ててあるポール上を、移動して遊ぶ遊具のようです。僕はこの遊具を実際には見たことがありませんが、当ブログ読者の皆さんはご存知でしょうか?

NHK2014field

DCIM0511

この画像の左側がブランコで(ちょっと机に隠れてます)右側がポールウォークです。

DCIM0512

こちらはシーソーの画像です。ロボットが座るための座面ですね。シーソーの組みあがっている状態ではなく、分解して保管しているところを引っ張り出して撮影したため一部分のみです。まだ緑色の養生テープがたくさんついていています。

これらの遊具ののフレームの材料には、イレクターパイプというものを使用しています。切断やパイプ同士の組み立てが簡単に出来ます。本来のフィールドでは、鉄パイプ同士を溶接してフレームを組み上げるようですが、当プロジェクトにはパイプの溶接を出来る人間が居ませんので、お手軽に加工できるイレクターにしました。

ではでは、今日はこの辺で失礼いたします。