ロボコン挑戦プロジェクト

 ロボコン挑戦プロジェクトとは、ものづくり教育を大学が財政面で支援する「学生と教員の共同プロジェクト」のひとつです。
 NHK主催のロボットコンテストである「NHK大学ロボコン」を活動の中心として、必要な技術や技能を磨きながらロボットの製作に励んでいます。NHK以外のロボットコンテストや学外イベントにも参加しています。
 また、メンバーの意思で学外のロボットコンテストやイベントに参加しています。


NHK大学ロボコン

 NHK大学ロボコンとはNHKの主催するロボットコンテストのことです。

 競技時間三分、一対一の対戦形式で、競技課題は毎年異なり、ABUロボコンのホスト国がルールを決定します。現在のNHK大学ロボコンは世界大会である「ABUロボコン」の日本代表選考会という位置づけになっており、上位校がABUロボコンの出場権を得られます。

 大会出場までにまず書類審査があります。競技攻略のアイデアやロボットの機構を説明する書類を作りNHKに提出します。 書類通過後はビデオ審査があり、ロボットの製作状況が審査されます。

 これらの審査を通過した大学のチームが大会に出場することが出来ます。

Copyright (c) 京都工芸繊維大学ロボコン挑戦プロジェクト. All Rights Reserved.